サイトに訪問して頂き、ありがとうございます。

海の近くに家を建てて、小さな平家に夫婦2人で暮らしています。おうち時間が趣味の私が家計管理や暮らしのことを発信しているブログです♪
応援クリックお願いします♪更新の励みになります*
にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ にほんブログ村 家族ブログ 共働き夫婦へ

【新婚さん必見】貯金する前に絶対にやる4つ事!

新婚さん必見!貯金する前に絶対にやる4つのこと




①今ある資産・負債を調べる

資産って?

持っているもの(お金)のこと。

  • 貯金
  • 投資信託
  • 株式、債券
  • 保険
  • 美術品
  • 自動車
  • 不動産

今ざっくりどれくらい資産があるのか把握して、いつまでにいくら貯金したいかの共通目標を持つとやる気につながる!こっそりパートナーに隠れた口座を持っていてもいいかもしれない。そこは自由にどうぞ^^

 

負債って?

誰かに返さないといけないもののこと。

  • 奨学金の支払い
  • 車ローン
  • ウエディングローン
  • キャッシング(カードローン)

など、「借金」のことです。

もしパートナーに隠れた負債があっても、一緒に返済していく精神を持つことが第一歩。

できれば結婚する前に探っておいた方がいいかと思うが、黙っておいたというパターンもあるから、しっかり話し合いした方がいい。もし秘密の借金がある場合、額が小さく返済の見通しがついているならまだいいが、返済ができずに雪だるま方式で増えていく可能性もあるので、お金のことは夫婦間でしっかり話し合いした方が良い。

余談だが、私の父はお金にルーズな人で、熟年離婚した。噂によると自己破産したらしい。後から知ったが、母は一度も父の給与明細を見たことがなかったらしい。お金の切れ目は縁の切れ目は本当だった。

前向きに考えると、その経験がお金の勉強を始めたキッカケでもある。

純資産を知る

純資産とは、資産合計から負債合計を引いたもの。
高級車に乗って、ブランド品を身につけていて、キラキラ見える人でも、実は負債を抱えて裏では借金の支払いに追われている可能性もある。 目に見えるものだけでなく、本質を知ることが必要。

 

②貯金する前に、負債がある場合は金利が高いものから順番に完済する

貯金する前に負債を返済する事が大切。

本を読んでいると、返済するかそのまま支払い続けるかは金利が5%以上か以下を目安にするといいと紹介がある。

車を買うにしても、ディーラーでローン組むと4〜8%隣るが、銀行経由のカーローンだと1〜2%で済むこともある。何も考えずディーラーでローンを組んで高い金利を払っている場合、安い金利のローンに切り替えよう。そんな感じで金利が高い借金から順番に返済していく。

金利は敵!

お金を借りた人が、借りた金額にたいして追加で支払う金額の割合のこと。

100万円を借りて金利5%だとしたら、利息5万円となり、返済するときに105万円支払うこととなる。

③収入と支出を把握する

夫婦それぞれの収入を把握しよう

ここでのポイントは、手取り収入で考えること

ここは我が家の過去の収入例を紹介します。

収入の把握

収入合計
1月23万円19万円42万円
2月23万円19万円42万円
3月23万円19万円42万円
4月23万円19万円42万円
5月23万円19万円42万円
6月23万円19万円42万円
7月23万円19万円42万円
8月23万円19万円42万円
9月23万円19万円42万円
10月23万円19万円42万円
11月23万円19万円42万円
12月23万円19万円42万円
ボーナス夏30万円20万円42万円
ボーナス冬30万円20万円42万円
合計336万円268万円604万円
平均28万円22万円50万円

手取り収入の毎月平均額が平均額は50万円。
収入の範囲で、生活をすることがまずスタートです。

 

支出を把握しよう

家計簿をつける前は、ざっくりでしか把握できないが、なんとなく位でもいいので、月々の支払い合計を把握しよう。それでもわからない場合は、1ヶ月の間にいくら支払いをしたか思い出すか、あえて1ヶ月は貯金を始めるための準備期間として、把握してみよう。

固定費

  • 家賃(住宅ローン)
  • 光熱費(電気・ガス・水道)
  • 通信費(スマホ代、インターネット代)
  • サブスク代
  • 保険

変動費

  • 食費
  • 日用品
  • 車関連費
  • 美容・衣服費
  • 医療費
  • 趣味・娯楽

上記以外での支払いを含め、月々いくらで生活をしているかを知る。

④収入の範囲で生活をする

とっても大事!収入の範囲で生活をしないと借金、もしくは過去の資産を切り崩して生活することになる。

収入ー支出=余り

仮に上記の例だと
収入50万円-支払30万円=余り20万円となる。そうなると20万円は貯金・投資に回しても大丈夫ということ。まずは収入の範囲で生活できているかどうかを知ること。

出来ていない場合は、節約が必要です。

まとめ

家計簿を細かくつけるよりも、まずは家庭のお金事情をしっかり把握することが大事。

まとめると、

  1. 今ある資産・負債を調べる
  2. 貯金する前に、負債がある場合は金利が高いものから順番に完済する
  3. 収入と支出を把握する
  4. 収入の範囲で生活をする

 

最後までお読みいただきありがとうございました!

良い記事だと思ったら、クリックをお願いします。記事更新の励みになります。
にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ
にほんブログ村 家族ブログ 共働き夫婦へ




役に立ったらシェアしてね*