サイトに訪問して頂き、ありがとうございます。

海の近くに家を建てて、小さな平家に夫婦2人で暮らしています。おうち時間が趣味の私が家計管理や暮らしのことを発信しているブログです♪
応援クリックお願いします♪更新の励みになります*
にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ にほんブログ村 家族ブログ 共働き夫婦へ

【共働き子なし夫婦】家計管理、家事負担に不満はある?夫婦円満のオススメは全てオープンの収入も支出も貯金も一緒に管理する方法です!

共働き子なし夫婦の家計管理、家事分担




3年前に家を建てて、貯金がだいぶ減って焦っていたけど、徐々に回復してきたアミー夫婦です。

最近夫婦の家計管理について、本を読んだりブログを徘徊しているのですが、夫婦それぞれ全く管理の仕方が違いますね〜。人の「お金・家計の話」って、なかなか深いところまで、聞きにくいですよね。

色々調べるうちに、共働き夫婦は家事負担が女性に偏っていることもわかりました。
(もちろん男性も家事をしている人も沢山いると思いますが・・・。)

アミー
時代が古い!

お互い正社員として働いているのに、女性だけが家事をしないといけない方って大変ですよね。仕事終わって料理を作って、洗濯して、掃除して・・・。こういった文化が早くなくなっちゃえばいいのに、と思うアミーです。

私が考える結婚は、大変な時も助け合い、生活する上で支え合うことです。

だから、いい時もあるし苦労することもあるから、お互いがなんでもオープンにして話をすることが夫婦円満の秘訣だと考えています。

もともと別々の生活をしていた人達が一緒に暮らしている。結婚はお互いの協力・思いやりの元成り立っているとことを忘れてはいけません!

アミー
お互い「ありがとう」を言う習慣を作ると気持ちがいいです

勝手にリサーチした結果、家計管理には4パターンあることがわかりました。子供がいる場合は、また変わってくると思うので、共働きこなし夫婦の場合で読んでみてください。

皆様はどのスタイルになりますか?
もっと良いやり方があれば、ぜひ教えてください!

共働き夫婦の家計管理方法

①全てオープン!収入も支出も貯金も共に管理していく方法

これは我が家スタイルです。
将来を共に歩いていると実感できますので、本当におすすめです!!
お金で隠し事がないのは、夫婦円満の秘訣かも・・・。

*良いこと

使いすぎなど全て把握できる。
長期の計画が立てやすい
貯蓄しやすい
精神的に安心

*気になること

お小遣い制、足りない場合は家族に相談が必要

*家事ルール

お互い協力して行う

②全て折半!それ以外は自由にする方法

生活費を一度算出して、全て折半!貯金はお互いがそれぞれ管理スタイルです。
年収差があるのに、折半すると不平不満が出るので、年収の比率で出し合えたらいいですね。

*良いこと
お小遣い制では無いので、生活費以外のお金は自由に使える
相手に気を使わずに、独身時代と同じ暮らしができる
自分だけの貯金が持てる

*気になること
大きなイベント時(旅行や家電など生活に必要な数万円以上する買い物)の対応
妊娠出産や病気などでどちらかが働けなくなった場合どうするか
年収差がある場合、老後資金はどうするのか
お互いの収入や貯金(資産)を把握できない
自己管理が必要

*家事ルール

お互い協力して行う
もし生活費の比率がある場合は、家事負担も考慮する

③固定費はご主人(もしくは奥様)、食費や日用品など変動費は奥様(もしくはご主人)にする方法

*良いこと

決まった生活費以外のお金は自由に使える

*考えておきたいこと

散財しないように、自己管理が必要
基本生活費以外にも共通の貯金を一緒にやっておきたい

*家事ルール

食品を買う人が料理担当になるパターンがスムーズ?
とはいえ、お互い協力して行う

④生活費全てご主人(もしくは奥様)、奥様(もしくはご主人)は自由にする方法

稼ぎがいいほうが全て出す家庭もあるようです。

前職の同僚は奥様も正社員だったのですが、ご主人が全て生活費を出してくれていたそうで、毎月の給与全部お小遣いにできると話していました。

*良いこと

生活費を出さない方が、全額自由に使える

*考えておきたいこと

散財しないように、自己管理が求められる

*家事ルール

生活費を出さない方がメインで行うが、協力していく

お金に関する価値観は似たほうがいい

共に共有して管理していく暮らしがいいのか、お互い独身のように干渉しない暮らしがいいのか、結婚後のスタイルはそれぞれです。家庭のことは口を出すことではないので、それぞれが納得してやっているのであれば問題ありませんが、できれば不平不満を避けたいですよね。

どちらかが自由で、どちらかが倹約家だと、何かしらひずみが生まれます。
ケンカの原因ナンバーワンはお金です。

どのようなスタイルであれ、金の切れ目は縁の切れ目とならないよう、自己管理ができる体質になりたいです。

あなたの家庭はどんなタイプですか?

最後までお読みいただきありがとうございました!

良い記事だと思ったら、クリックをお願いします。記事更新の励みになります。
にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ
にほんブログ村 家族ブログ 共働き夫婦へ




役に立ったらシェアしてね*