サイトに訪問して頂き、ありがとうございます。

海の近くに家を建てて、小さな平家に夫婦2人で暮らしています。おうち時間が趣味の私が家計管理や暮らしのことを発信しているブログです♪
応援クリックお願いします♪更新の励みになります*
にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ にほんブログ村 家族ブログ 共働き夫婦へ

知っておいて損はない!誰でも分かる節税対策!

節約節税
節約節税




生きている間は、ずーっと払い続けなければいけない税金。

身近な税金は、消費税、贈与税、相続税、自動車税、固定資産税などがあります。

税金なんて払いたくなーい!って叫びたくなりますが、税金を払うことは残念ながら国民の義務なんです。税金から逃れられないのであれば、せめて支払う税金をお得にしたい!と思いませんか?
まずは節税対策に興味を持ってみることから始めましょう!

会社員の給料に課される税金は、大きく分けて「所得税」と「住民税」の2つがあります。

中でも「所得税」は収入に応じた累進課税となっているため、対策をすれば大きな節税対策を生み出す可能性が高い税金なんです。

出来るだけ簡単に、その所得税を低く抑える方法をお伝えします*

所得税は所得控除をうまく使って税金を安くできる

まず、所得税は収入から給与所得控除と所得控除を差し引いた課税所得を算出し、その所得に応じた税率をかけることで計算されています。

早速難しい言葉が飛び交ってしまいましたが、給与所得控除は会社員であれば年収に応じて一律に計算されることになっているので、所得税を減らすには所得控除を増やす事が重要なポイントとなります。

所得控除の種類

  1.  基礎控除
  2.  医療費控除
  3.  雑損控除
  4.  寄附金控除
  5.  生命保険料控除
  6.  地震保険料控除
  7.  配偶者控除
  8.  配偶者特別控除
  9.  扶養控除
  10.  社会保険料控除
  11.  小規模企業共済等掛金控除
  12.  障害者控除
  13.  ひとり親控除
  14.  寡婦控除
  15.  勤労学生控除

節税しやすい4つの所得控除

上記の中でも、私たちが身近に取り組めるのは、次の4つの所得控除です。

所得控除の種類
  • 生命保険料控除
  • 小規模企業共済等掛金控除
  • 医療控除
  • 寄附金控除

生命保険料控除

民間の生命保険や介護医療保険に契約している方が利用できます。

小規模企業共済等掛金控除

iDeCoなどの「個人型確定拠出年金」に加入して支払った掛金は、全額が控除されます。会社員であれば最大で27万6000円を全額控除できます。

医療控除

1年間で支払った医療費が、年間の収入が200万円未満の方は5万円、200万円以上の方なら10万円を超えると、合計額から5万円または10万円を引いた全額を所得から控除できます。同居家族の医療費も合算する事ができます。

寄付金控除

「ふるさと納税」では、ふるさと納税額から自己負担分となる2000円を差し引いた額が控除となります。

自治体から豪華な返礼品が送られてきたり、翌年の住民税が減額になるなど、多くのメリットがあります。

ふるさと納税とは
自分の故郷や応援したい自治体に寄付できる制度です。
実質2000円の負担だけで返礼品をもらえるめちゃくちゃすごい制度です。

ふるさと納税
補足説明
①控除上限額は、収入や家族構成によって異なるので事前に確認しておきましょう!こういったサイトから確認できます
ふるさと納税上限シミュレーター

②税金控除を受けるには、確定申告かワンストップ特例制度の申請手続きが必要になります。

 

最後までお読みいただきありがとうございました!

良い記事だと思ったら、クリックをお願いします。記事更新の励みになります。
にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ
にほんブログ村 家族ブログ 共働き夫婦へ




役に立ったらシェアしてね*