サイトに訪問して頂き、ありがとうございます。

海の近くに家を建てて、小さな平家に夫婦2人で暮らしています。おうち時間が趣味の私が家計管理や暮らしのことを発信しているブログです♪
応援クリックお願いします♪更新の励みになります*
にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ にほんブログ村 家族ブログ 共働き夫婦へ

マイナポイントの仕組みや注意点をどこよりもわかりやすくまとめてみた。受け取りは1番使いやすい「楽天ポイント」がおすすめです

マイナポイントをどこよりも分かりやすく解説してみた




今朝のニュースで見た話題です。

私は3年前に既にマイナンバーカードを作っていて、マイナポイントも既に使っちゃいました。
実際に3年使ってみての感想と、これからマイナンバーカードを作ってみようかな、どんなメリットや注意点があるのかな?そしてマイナポイントを申請しようという方に向けた記事です。

興味がある方は読んでみてください。

アミー
国を運営している政府が本気モードになっていることから、日本に住む以上はいつかは絶対作らないといけない状況になるはず??

マイナンバーについておさらい

マイナンバーカードとは、国民一人ひとりに付与された個人番号が記載されたカードのことです。カードにICチップがついており、氏名・住所・生年月日・性別と本人の顔写真が表示されています。

アミー
自分に個人番号をつけられることに抵抗あるんかな?

マイナンバーカードの普及率はまだ24・6%。

アミー
3年前に作った私は少数派か!

カードを作る手間と、マイナンバーカードを管理するめんどくささ、そして国に自分が管理されることに違和感があるこのあたりが普及率を下げている理由かな・・・。なくても困らないしね!私の場合は家を建てるときの手続き関係が楽になるからと思って作っただけですしね!

なんでこんなに作れ作れうるさいの?

マイナンバーは、社会保障、税、災害対策の分野で効率的に情報を管理し、複数の機関が保有する個人の情報が同一人の情報であることを確認するために活用されます。

総務省の公式ホームページより引用

デジタル化=世の中が便利になるという事で、世界中の人たちに日本って便利だよ〜遊びに来てよ〜ってアピールが出来る、そして旅行者が増えると、日本にお金を落としてもらえる=経済が潤うということです。

政府は日本のデジタル化の遅れを取り戻そうと、マイナンバーの普及を増やそうと必死です。そもそも政治家のTOPにいる人たちが年齢が高いのでアナログ社会で生きてきた人が多いはず。今は比較的若めの方がデジタル大臣にいるので、もう少しデジタルな社会になることを期待したいです。話はそれるけど、できない理由がたくさんあるんだろうけど、選挙はスマホやPCで投票できる時代に早くなってほしい。

アミー
国としてはお買い物ができる「マイナポイント」をあげるから、マイナンバーカードをみんな作ってくれ〜〜!頼む!!ということですな。
馬の鼻先に人参
こんな感じ?

マイナンバーカードで出来ること増えてくらしいよ

今は限られたサービスでしか使えませんが、これからはいろんなサービスと提携して便利に使えるそうですよ。

マイナンバーカードできること
  • 公的な身分証明書になる
  • 行政に行かなくてもコンビニで証明書が取り出せる(開始中)
  • 健康保険証(10月20日から本格開始
  • 運転免許証(24年度末までに実現予定
  • ネットバンクとの連携(群馬銀行でテスト実施、今後増えていくのかな)

今後は税金の支払いや個人事業主はe-Taxの利用もマイナンバーカードでできるようになるようです。今後のサービスの展開を知りたいって方はこちらのページで見る事ができます。

次に私が便利に使っていることを紹介します。

マイナンバーカードは意外と便利・トレンド的にも作って損はない

私は家を建てるときに夫婦二人分チャチャっと作りまして、当時の状況も兼ねてご紹介しますい。

マイナンバーカード作るのめんどくさかった?

私が作った時は、マイナンバーの通知カードを役所に持っていくと、役所で写真撮って窓口の人が全部PCに入力して手続きしてくれたのでめんどくさいとは思わなかったです(パスワード設定だけ自分で行った)

私のように窓口に行けば勝手にやってくれて楽ですが、今はパソコンかスマホもしくは郵送で申請が必要なようです。

めんどくさい!って人は郵送で送って申請という手段もあります。

アミー
受け取りは通知が届いたら役所に行く必要があり、あえていうとこれがめんどかった

マイナンバーカードの作り方、受け取り方、必要なもの、申請書関係はこちらのサイトに全て書いてあります。

証明書の取り出しがコンビニでできることは思った以上に便利

家を建てたとき、住宅ローンを組むときや登記の手続きをするときに公的証明が必要なシーンが多くあるんですよね。書類は原則3ヶ月以内のものを求められるので、「まとめて取っておく」という事がができません。

昔は役所が空いている時間内に、申請書に手書きで書いて〜、窓口に並んで〜、お金を払って〜、受け取るという流れでしたが、マイナンバーカードがあるとコンビニで必要なときに取り出しができるんですよね。

アミー
コンビニだと毎日6:30から23:00の間で休日関係なく行けるので助かりました

ふるさと納税のワンストップサービスに便利

確定申告を行うときに、納税した行政が代理で行ってくれる仕組みがありまして、めんどくさい手続きをする必要がありません。そのときにマイナンバーカードを両面コピーして提出する必要があります。

アミー
申請書とマイナンバーの提出だけで、行政が全部やってくれるのでありがたいです
ふるさと納税

とはいえ、作るの怖くない?

今後ネットバンクの連携や税金の支払いもできるって、個人情報がバレたら怖くない?って思いますよね。でも、国はマイナンバーカードの情報はとても厳格に扱っているので、自分自身が設定したパスワードを誰かに言わない限り、漏洩するリスクは低いのではと思います。

とはいえ、何が起こるかわかりませんが、せめて自分が原因で情報が漏れる行動は起こさないように注意する事が第一かと思います。

アミー
公務員や銀行の方からは丸見えでしょうから、しっかり機密情報として取り扱ってほしいですね。
マイナンバーカードの注意点

マイナンバーカードに付箋でパスワードをメモして保管することはやめましょう!

私の勘違い。マイナポイントの注意点

5000ポイントすぐにもらえるわけではありません

マイナンバーカードを作るとポイントがもらえると聞いた時は、1人あたり普通に5000ポイントががもらえるとおもってました。

我が家なら2人暮らしなのでカード作って申請すれば10000ポイントもらえるんだ〜。

食費が安く済んで助かるな〜考えていました。

マイナポイントとは?

マイナンバーカードを使って予約・申込を行い、
選んだキャッシュレス決済サービス(※)でチャージやお買い物をすると、
そのサービスで、ご利用金額の25%分のポイントがもらえるのが
「マイナポイント」のしくみです。(お一人あたり5,000円分が上限です)

QRコード決済(○○Pay)や電子マネー(交通系のICカードなど)、クレジットカードなどのことです。

公式サイトより引用

と説明があります。これ意味わかります?

自分がわかるように書いてみた
最大2万円お買い物もしくはチャージをすると、後から25%のポイントがもらえる
1万円しかお買い物しなかったら、25%の2500ポイントもらえる。
家族4人だと、一人当たり5000ポイント×4人=最高20000ポイントもらえるが、満額もらおうと思うと10万円お買い物かチャージをする必要がある。

アミー
先にお金を使わないといけないってことね?
だんなちゃん
説明読んだらそう書いてあるやん?笑
アミー
後からもらえるの?すぐもらえるかと思った(´-`).。oO
POINT

ポイントをもらうために、先にお買い物かチャージをする必要があります。
その額に対して25%のポイントがもらえます。※最大2万円(5000ポイント)

次にもらえるタイミングです。

楽天の場合いつもらえたの?

上記の通り、私が勝手にすぐにもらえると思っていただけで、いつポイントがもらえたかというと、翌々月です。

公式ページにも書いてあります。

楽天の場合は2万円決済後、翌々月25日頃にポイントとして付与いたします。

POINT

キャッシュバックされるサービスによって、付与されるタイミングは違うのでご自身でご確認ください。楽天は翌々月だけど、基本は翌月っぽい?

最後に

ポイントをもらう仕組みが、自分自身あまり理解ができなかったので、自分なりにわかりやすくまとめてみました。結局文章が長くなってしまい、読みにくい部分もあったかもしれません。

私は専門家ではないので、間違った情報があるかもしれないので、気になったことは公式のサイトで調べることが一番かと思います。

再度に、

もし家族でマイナポイントの手続きが苦手ながいて、還元できるサービスに加入していなければ、お手伝いしてあげると喜んでもらえるかもしれません。

私はせっかくなので親と一緒に楽天カードを作成して、マイナポイントの受け取りができるように設定してあげました。皆様もぜひ!

 

最後までお読みいただきありがとうございました!

良い記事だと思ったら、クリックをお願いします。記事更新の励みになります。
にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ
にほんブログ村 家族ブログ 共働き夫婦へ




役に立ったらシェアしてね*