サイトに訪問して頂き、ありがとうございます。

海の近くに家を建てて、小さな平家に夫婦2人で暮らしています。おうち時間が趣味の私が家計管理や暮らしのことを発信しているブログです♪
応援クリックお願いします♪更新の励みになります*
にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ にほんブログ村 家族ブログ 共働き夫婦へ

DINKS・子なし夫婦がマイホームを購入した理由7選|建売ではなく注文を選んだ理由もお伝えします。

子なし夫婦がマイホームを購入した理由7選




こんばんは。
子なし共働き夫婦のアミーです。

私たちは子供を持たない人生を選択して、
現在は注文住宅でマイホームを建てて、夫婦二人で暮らしています。
マイホームを購入する前は、賃貸マンションでした。

夫婦二人で子供がいないなら、マイホーム(戸建て)じゃなくてよくない?
という考えの方もいらっしゃるかと思います。

どうして私たち子どもがいない夫婦が、注文住宅で家を建てようと思ったのか、
建売住宅やマンションも検討したのかというお話をしようと思います。

興味のある方はぜよお読みください。

【子なし夫婦】夫婦二人暮らしの私たちがマイホームを建てた理由

①子供を産む予定だった

子供を産む予定だった

私たちは今では子供を持たないと決めたのですが、お付き合いしてから結婚2年目まで妊活を行っていました。子供を授かっての家作り、引っ越しは大変と聞いていたので、子供を産む前に家を建てようとなりました。

なので、子育てを考えた間取り、土地探しになっています。

当時、子供を産まないと決めていたら、今より小さい家でよかったし、土地も狭くて良かったです。ちなみに、子供部屋に計画していた場所は、リモートワーク用の書斎、家族が泊まりに来た時の客間として活用しています。土地も、子育てがやりやすいよう、新規分譲地を選びましたが、結果夫婦二人になったので、自治会活動が疎遠になってしまいました。子供が中心で活動しますからね。

アミー
あえて言うなら、土地は新規分譲地じゃなくても良かったかな?・・・気に入っているんですけどね(涙)

ここからは、戸建てに関する憧れや希望のお話です。

②自分達のHOMEを持ちたかった

自分のHOMEが欲しい

旦那さんはの実家は戸建てで、私は賃貸平家で育ちました。

私が実家出てから数年後、家が壊されてマンションが建ちました。
現在子供の時に育った家はなくなりました。思い出がなくなってしまったかのような、寂しい気持ちもあったので、ぼんやりと家族が集まれる場所、自分が帰る暖かいHOMEを持ちたいと考えていました。

アミー
清水翔太のHOMEという曲好きでした

③BBQが出来る環境・植物のある暮らしに憧れていた

BBQに憧れていた

私はアウトドアが好きというタイプではありませんが、BBQは大好きです。

公園や海辺の家で間借りしてBBQを行うこともありましたが、どうしてもウェーイ系の中で過ごすことが苦手でした。いつか家で気軽にBBQをしたいなぁと憧れていました。

アミー
ウッドデッキで好きな時に肉を焼ける生活は最高・・・
旦那さん
肉が食べられたらどこでもいいんじゃないの?
アミー
( ゚д゚)むむ!

そして、本職を卒業した暁には、植物やちょっとした野菜栽培をしている暮らしを目指しておりまして・・・。いつか多肉植物やハーブなど育てていきたいと計画しています。

④家で過ごすことが趣味だった(最大の理由)

おうち時間

私は、家を建てた当時バリバリのキャリアウーマンでしたが、休日はダラダラと過ごすことが最大の癒しでした。旦那さんのスタイルは仕事は定時まで。おうち大好き。いわゆるさとり世代代表格です。

「さとり世代」の特徴は「が無い」「恋愛に興味が無い」「に興味がない」「旅行に行かない」といったこと[6]などが典型例として指摘される。休日自宅で過ごしていることが多く、「無駄遣いをしない」し「気の合わない人とは付き合わない」傾向が高い。

ウィキペディア参照

おうちデートも多く、映画みたりお互いゲームしたり、家で過ごす時間が趣味でした。

20代は飲み歩くことも多かったですが、30代になると付き合いも減り、お金を貯めていこうという思考に変わったので、それならば家を今以上に快適に過ごせるたら最高だなと考えました。

賃貸マンションに引っ越してから、ちょっとした不満が出てきました。内容としてはこんな感じです。

⑤賃貸に対する不満(収納がない、寒い、暑い、健康問題など)

せっかく賃貸マンションに引っ越したのですが、あるあるかもしれませんが、収納場所に荷物が入りきれない問題にぶつかりました。部屋の中に入らない荷物はベランダに置いていました。旦那さんの荷物をちょこちょこ置いていたので、申し訳なかったと思っています。

ベランダの軒下だったので、雨はそこまで気にはならなかったですが、湿気問題など置いている物たちにとっても、あまりよくないだろうなぁと思っていました。

冷え性

そして次に健康問題。
せっかく引っ越したのに、めちゃくちゃ寒く感じる家でした。隙間が多かったのかなぁ。
でもエアコン暖房が苦手で、着込む(もこもこソックス、腹巻、夜はレンチン湯たんぽ2つ使い)ファンヒーターでなんとか冬を乗り越えてました。

引っ越してから、アレルギーが勃発。くしゃみ、鼻水が止まらず、1日で箱ティッシュがなくなることも普通でした。なんとなく頭痛も多く感じまして。病院で検査したらハウスダストでした。

住む場所が変わるだけで体調が悪くなるのは、嫌だなぁと思いました。
(その後、住宅が健康に大きく関わることを知るのですが、当時はそこまで知りませんでした)

そして、次に価格の面です。

⑥賃貸より戸建ての方が月々の支払いが安くなった

子なしマイホーム

お付き合いしていた初めは、私が住んでいた賃貸アパートから同棲をスタートしましたが、あまりの狭さに近場の賃貸マンションに引っ越しました。

引っ越した賃貸のマンションの間取りは、リビングダイニングキッチン9.2帖 洋室3帖)。
特別広いわけではないですが、アパート時代よりはやや改善されました。

会社で通勤する利便性を考えて、駅近、街の中心部だったこともあり、家賃は86,000円/月と高めです・・・。その他賃貸マンションにお支払いしていた価格はこちらです。

賃貸マンションへのお支払い

  • 家賃  86,000円/月
  • 駐車場 16,000円/月
  • 駐輪費   600円/月
  • 管理費      6000円/月
  • 光熱費  10,000円/月平均
  • 灯油代        5000円/冬の間のみ
  •    【合計】123,600円

家賃相場は、お住まいのエリアによって異なりますが、我が家の場合は利便性そしてそこそこ綺麗なお部屋だったので、高めでした。もう少し値切って探しても良かったんですが、家が好きだったのにで、比較的綺麗で清潔感のある家が良かったのです。

そこで約半年ほど過ごしました。

旦那さんと結婚することになり、久々に幼馴染と連絡を取ったら、「家を建てたから遊びにおいでよ」と声かけてもらい結婚祝いを兼ねてホームパーティを企画してくれました。(まだコロナ禍前)

そこで、幼馴染より家を建てて良かったという話と、家を建てた方が住宅費用が安くなったという話を聞きます。家を建てることに興味を持った私は、同僚や友達から情報を集めて、マンションを買った人、戸建てを建てた人、賃貸の人それぞれの話を聞くのですが、結局各々にメリットデメリットがあり、自分がそれにあったスタイルを選べばいいんじゃないかという結論になりました。

で、家を買うタイミングは「ほしい時がベスト」と思い、家を建てる計画が進みました。

現在住宅に関するお支払いはこうなりました

マイホームのお支払い

  • 住宅ローン 108,243円
  • 光熱費   10,000円/月平均
  • 駐輪費      0円/月
  • 管理費           0円/月
  • 灯油代           0円/冬の間のみ
  •    【合計】110,243円

光熱費は夏は安い月は7000円くらいで済む時もあります。
家が広くなったのに光熱費が安くなり驚いています。
家が暖かいので灯油も買いに行かなくて良くなったのも嬉しいですね。

アミー
ゆくゆくは自分のものになることも嬉しい。(固定資産税はあるけどね)

修繕費に関しては、次の項目でお話しします。

⑦分譲マンションや建売住宅は維持費や修繕費が高くつく

分譲マンションや賃貸マンションは大家さんが家の管理を行うのですが、家を建てるとなると、修繕は自分で行うことになります。

分譲マンションの場合は、月々のローン以外にも、管理費・修繕積立金・駐車場代がかかるので強制的に追加で2〜3万円お支払いしないといけないんですよね。

戸建ての場合は、自己責任です。

一般的に大きく言われるのは①外壁塗装②屋根③シロアリです。
また設備や家電など機械には寿命があるので、8〜15年の間で買い替えが必要かと思います。

また、これも知らなかったのですが戸建てにも、中古を買ってリノベーション、建売住宅、注文住宅など選択肢が色々あるんですよね。

建売住宅の場合、既に間取りが決まっている事や、外壁材や断熱材が安価な場合が多く、選べないので修繕費が高くなる可能性があるそうです。また、建売を買った友人が家の壁がペラペラで寒くて冬困っていると聞いて、建売でも注文でも同じく何千万とお金を払うんだったらせっかくなら、家は快適で過ごせるものを選択したいと考え、注文住宅を選びました。

注文住宅でも、出来るだけ家の中で快適に過ごせる高気密、高断熱で、さらにメンテナンスがかかりにくい素材を選んで家を建ててもらいました。マンションや建売住宅にかかる維持費や修繕費よりはお安くなる計画です。

必ずかかる修繕費としては、設備なのでエコキュートやエアコン故障など、いつ起こっても対応できるように、毎月積み立てるというよりも、先に現金で予備費として確保しています。

アミー
生きるだけで金はかかる。

子供がいないからこそ良かったことも

今では住宅ローンを払い、車2代保有しながら、月々20万円近くの貯金・投資をしています。
35年ローンも期日を待たずに繰り上げして返済していくことも可能です。

子供がいないことで養育費、教育費がかからない分、住宅費にお金を使えます。

経済的な余裕は心のゆとりにつながります。

今は節約を趣味にして楽しんでいますが、もし欲しいものがあったり旅行に行きたいと思ってもすぐに実行できることはありがたいことです。

まとめ

  • マイホームのきっかけは、憧れ・賃貸に対しての不満(収納や寒さ)、そして価格メリット
  • 夫婦二人暮らしだけど、私たち夫婦は家を建てて大満足!
  • 子供ありきの間取りでも、夫婦二人で利用できる!
  • 家の環境が良くなり、冷え性・花粉症が改善された

もちろん、あーしたら良かったな、など後悔ポイントもありますが、今では家が大好きです!

それぞれの価値観を大切に、メリット・デメリットを考慮して、無理のないご選択をなされてください。

最後までお読みいただきありがとうございました!

良い記事だと思ったら、クリックをお願いします。記事更新の励みになります。
にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ
にほんブログ村 家族ブログ 共働き夫婦へ




役に立ったらシェアしてね*