サイトに訪問して頂き、ありがとうございます。

海の近くに家を建てて、小さな平家に夫婦2人で暮らしています。おうち時間が趣味の私が家計管理や暮らしのことを発信しているブログです♪
応援クリックお願いします♪更新の励みになります*
にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ にほんブログ村 家族ブログ 共働き夫婦へ

今年のふるさと納税の寄付は12月末まで!まだの方は急ぎましょ〜!

ふるさと納税




ふるさと納税の嬉しい2つのお得はこちらです

  1. 住んでいる場所以外の自治体に寄付すると、特産品などのお礼がもらえる
  2. 税金が控除される(実質2000円でお礼を受け取った事になる)

誰でも簡単にできるので、やった事ない人も迷わずに初めていい制度です*

ふるさと納税とは、寄付した合計金額から2000円を差し引いた分が翌年の納税額から控除される仕組みです。

寄付先の自治体から特産品やサービスなどのお礼品がもらえるため、実質2000円でお礼の品を受け取った事になります。手続きも簡単なのでやって損はありません。

ふるさと納税がお得にならない人

専業主婦

専業主婦で所得税や住民税を納めていない人は寄付しても控除されないのでただの寄付になります。代理で申し込む場合も名義は納税者の名義で申し込みしないと控除されません。

控除できない人

もともと税金が控除されている人はお得にならないこともあります。
親と同居、子供が高校生になった、会社を辞めた、など変化があった場合は確認をしてください。

 

超簡単!ふるさと納税の4ステップ

①好きな自治体に申し込み

欲しいものを通販感覚で申し込みできます。

かんたんシミュレーターで控除上限額を知った上で、申し込みをすることをオススメします。
後から、名義変更はできませんので代理で申し込みする場合はお気をつけください!

納税方法は、「ワンストップ特例制度」か「特定申告」かどちらかと選択します。

ワンストップ特例制度の方で対象となる人は、
確定申告をしない給料取得者、寄付先が年間5自治体以内です。

上記の条件を満たすと、確定申告なしでも申請書を送るだけで住んでいる自治体から税金が控除されます。申請書は一つの自治体につき1枚ずつ提出します。

特定申告の対象者は、ふるさと納税以外で確定申告をする人、寄付先が年間6自治体以内ある人です。個人事業主など、もともと確定申告をしている人や6自治体以上に寄付した人はふるさと納税分も確定申告が必要となります。

今年は我が家は、ホタテ、えび、お米・・・と3つの自治体に寄付しました。

②寄付後に返礼品が届く

返礼品が届くのは、申し込み後すぐの場合もあれば、2週間後など返礼品によります。

普通に買うと、数万円するものが2000円で買う事ができる夢の制度です。

追って「寄付金受領証明書」も届くので必ず保管しておきます。

③寄付先に申請書を送付

寄付した各自治体に、申請書を送付します。

マイナンバー通知書やマイナンバーカードのコピーが必要なで準備しておきましょう!

期日は1月10日です。

間に合わなければ、自分で確定申告をすることになります。翌々年に繰り越しはできません。

④翌年の住民税から控除される

寄付した自治体から住んでいる自治体に連絡が行き、翌年の税金から控除されます。

控除される金額は、寄付した金額から2000円をひいた分となります。

6月頃に送られてくる住民税決定通知書で控除されているか確認できます。

ふるさと納税はやらないと損!な理由まとめ

上記を踏まえ、
実質上限関係なく2000円の負担だけで返礼品をもらえるめちゃくちゃすごい制度なんです。

節税だけでなく、

  • 地方の経済循環
  • 生産者を応援
  • 災害復興支援
    など、ちょっといい事をしたという気持ちにもなれる、優しい制度です。

まだやった事ないという方は、今すぐやってみてください。
今年分の寄付は12月末まで大丈夫です!

最後までお読みいただきありがとうございました!

良い記事だと思ったら、クリックをお願いします。記事更新の励みになります。
にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ
にほんブログ村 家族ブログ 共働き夫婦へ




役に立ったらシェアしてね*