サイトに訪問して頂き、ありがとうございます。

海の近くに家を建てて、小さな平家に夫婦2人で暮らしています。おうち時間が趣味の私が家計管理や暮らしのことを発信しているブログです♪
応援クリックお願いします♪更新の励みになります*
にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ にほんブログ村 家族ブログ 共働き夫婦へ

DINKs最強!共働きはメリットしかない!年間200万は無理なく貯まってく!




結婚5年目。DINKs最強!と思う日々。

日本の平均年収は2021年男425万円女315万円

厚生労働省調べだと、2021年最新データによると、年収の中央値は性別ごとに以下の通り。

  • 男性 425万円(月収/29万5700円:手取り目安額/23万円)
  • 女性 315万円(月収/22万6100円:手取り目安額/18万円)
  • 世帯年収 740万円(月収/52万1800円:手取り目安額/41万円)

単純に女性が扶養内(130万で計算)で働くと世帯年収は555万円、男性のみ働くと425万円となる。

仮に夫婦2人の場合の生活費が月25万円だったとして、手取り額が41万円としたら差額の16万円は貯金・投資にまわせるのだ。

16万円×12ヶ月=年間192万円は自然と貯まっていく。

仮に夫婦2人子供1人の生活費30万円だったとして、男性のみ働いていて女性は会社を退職している場合、手取り額23万円+児童手当1万円(仮)-生活費30万円=6万円のマイナス

貯金投資どころか、ボーナスや貯金を切り崩して生活するか、節約をして生活費を下げるかのどちらかに・・・💦

お金がないと気持ちにゆとりが持てなく事も多くなる。家族のケンカの原因の1位はいつの時代でもお金だ。生活費、貯金、投資の他にも、息抜きするため、楽しむための趣味にお金も使いたいと思うことはごく自然なこと。パートでもいいから、お金を稼ごう。

DINKsで共働きなら年収は2倍!平均年収でも年間200万貯金○

上記に記載しているように、単純に年収は2倍。
3パターンの家族での比較をやってみる。

*Aさん 共働き夫婦の場合
手取り年収が500万円ー年間の支出が350万円
年間150万円貯金や投資可能○

*Bさん 共働き夫婦の場合
手取り年収が600万円ー年間の支出が400万円
年間200万円貯金や投資可能○

*Cさん 専業主婦の場合
手取り収入400万円ー年間の支出が350万円
年間50万円 貯金や投資可能○

Bさんご家族は年間200万円×5年間=1000万貯めることができます。
Cさんご家族は、1000万円貯めようと思うと20年もかかってしまう。

家庭内のお金ルールを決めよう!

と言っても、共働きでお互い好き勝手にお金を使っていては、自然にお金は溜まらない。

しっかりとお金のルールを決めて、計画することが大事。

(お金のルールについては、別の記事で書くこととする)

計画的にお金を貯めたい、貯金したい夫婦は、財布は一緒にしたほうが有利!ご主人がお財布をわけたいという人は、お金を自由に使いたいだけ。その場合、自由にお金を使っていい代わりに、いくら稼いでいるのかは共有したい。(毎月給与明細を見せ合うとか?)

お互いいくら稼いでいるか知らないということは、色々なリスクにつながる。
ちゃんと計画的に貯金したり投資したりできる人ならいいが・・・。

毎月決まった額を渡してくれるから、安心という方。毎月給料明細を見せてもらうもしくは口座をチェックしたほうが安心だ。あなたを安心させたいが為に、給料が安いからといって、借金をしながら生活費を払っている人もいる。家族のための借金。でもいつかはバレる。借金が理由で離婚するかも?

見えないお金はギャンブルに使ってる?愛人がいる?奢り癖がある?
など、心配はたえない。

仮にいつか家が欲しいという夫婦の場合、お金にトラブルがあって住宅ローンが通らないという可能性だってある。

せっかく夫婦になるなら、細かくは知らなくてもいいけどせめて趣味代とか、大まかに何に金を使っているか共有したい所。

共働き維持の秘訣は家事は平等にすること。家事が全くできない男(女)はNG!!

共働きという道を選ぶには、家事は一緒に行う覚悟が必要だと思う。家事が全くできないかしっかりできるかは、結婚する前にしっかり探っておくこと!

できない場合は、覚える気持ちがあるならOK!
全部相手にやってもらおうと考えている相手だと、あなたが苦労する😅

声を大にして言いたい。
女は家庭に入って支えていくという時代はもう古い!

日経新聞に、女性活躍をやり直そうという記事を見つけた。

「女性に偏った家事・育児負担の改善をするため、男性の家庭参画を進める」と書いてあった。

奥様に働いて欲しいという男性は、家事・育児を積極的に手伝うことが条件だ。その代わり収入が増えると、いい事がある。生活に余裕ができ、お互い好きな買い物もできるし、貯金が増えると未来が明るく感じる。

専業主婦の方を収入に変えると年収1000万だ!という2chの記事を見たことがある。家事代行で働くなら別だが、自分の家の家事や子育てには、お給料は発生しない。

共働きする上で家事ルール決めは大事

人間疲れていたら何にもしたくないと思う日もある。

それは働いていても、専業主婦をしていてもそんな日もあると思う。

そんな時、ちょっと外で嫌な出来事があって帰宅した時に、部屋が散らかっていたら「なんで片付けてないの?!」と相手をせめてしまう日もあるかもしれない。

常に思いやりを持つことは難しくもある。

そんな時、
残業があった場合ご飯はどうする?
疲れて家事をする気力がない場合は?
そういった時に、大まかな家族ルールがあると楽だ。

我が家は、お互い疲れているなら、外食やお弁当でもOK。
晩御飯は別々に食べてもOK。いらないなら連絡する。
その日疲れて何もしたくないなら、休みの日にまとめて家事OK。
そして、最強のルール=気になった人がやる。
という家族ルールを決めた。

お互いが同じように考えてくれるかはとても大切。

先日、共働きの新婚さんに「結婚生活はどう?」と雑談した話。

のろけ話でも聞けるかな〜と思っていたら、
「疲れて朝までシンクにお皿置きっぱなしにしてたんです。そしたら(ご主人から)なんで洗ってないの?と言われたんです〜。明日から家事をもっと頑張らないと!」とのこと。

「疲れていたんだね。僕がやっておいておいたよ^^」・・・残念ながら、そんなことはまだまだ少ないみたい。この記事を読んでいる男性諸君はぜひイケメンになってほしい。

日本って家事は女性がやるという風習が強くて、共働きの場合は平等にやるべき。
私は料理するから、貴方はゴミ捨てね!とそんな大きなことでもいい。

ちょっとした思いやりのない言葉で、初めは大好きだった相手も本当はこんな人だったんだ・・・とゲンナリすることもある。いつか「貴方のお母さんじゃないんだから」と愚痴が出てくる。

私は「家事ルール」を作ることと「ありがとう」とお礼を伝えることが、家庭がうまくいく秘訣じゃないかと思ってる。洗濯を週1回まとめてしても、シンクにお皿を何日か溜めておいても、死ぬわけじゃない。
「気になるなら貴方がやったら?」もしくは「やっておいたよ」って素直に言い合える夫婦が最強。

忘れてはいけないことは「ありがとう」を伝えること。

当たり前だけど、当たり前のことができない人もいるはず。それがあるかないかで全然夫婦仲は変わってくる。

お互いがお互いの事をしてくれることは当たり前ではない。
(ご飯作ってくれて)ありがとう。
(ゴミだししてくれて)ありがとう。
(テーブル拭いてくれて)ありがとう。

✨ありがとうは本当に大切✨

我が家は家事の自動化を導入したのでだいぶ楽だ。
食器洗うのは食洗機様。洗濯してくれるのは乾燥機付きのドラム型洗濯機様。
掃除も自動化は今後計画中。

人の手が必要な過程はあるけど、かなり家事のストレスが減った。
開発してくれた研究者様、本当にありがとうございます。

まとめ

DINKsはお互い平均年収でも、お金のルールさえ作ってしまえば、無理なく年間200万円貯めることができる。がんばれば、もっともっと貯めることもできる。

ちょっとたまり出すと楽しくなる。
余ったお金で投資信託を始めると、勝手にお金が増えていく。(正しく言えば増えたり減ったりかな)

結婚、出産、育児、女性は家に入り専業主婦、男性は家族のために働く。
こういった一般的に幸せと言われるレールがある。

でも幸せになる為には、お金も必要だ。

でも令和の時代は、結婚して子供できた場合、退職するのではなく産休、育児休暇を取って会社に復帰することが賢い生き方。二人目ができたらまた産休、育児休暇を取ればいい。

(資産がしっかりある方は別)

余談だが、子供欲しいと思っていた時期は辛かった。いまだに、子供いない人に対して「なんで子供作らないの?」とか子供の素晴らしさを永遠と語り出すお節介な人いる。

DINKsって決めてから、お互いの人生を楽しめていて、楽。

結婚も一緒。
してもいいし、しなくてもいいし、本人が楽しく幸せであればいいよね。

最後にまとめると、お金の話になったら、子供いないほうが圧倒的有利。
はい、やっぱ共働きDINKs最強^^v

最後までお読みいただきありがとうございました!

良い記事だと思ったら、クリックをお願いします。記事更新の励みになります。
にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ
にほんブログ村 家族ブログ 共働き夫婦へ




役に立ったらシェアしてね*